BLOG

美容師であるために

投稿日:2017年6月26日 更新日:

僕が美容室経営者になって間もない頃、ある大学生の男の子に

「僕も美容師になりたかったんです。」

と言われました。

「どうしてならなかったの?」

そう尋ねると彼はこう言いました。

大学生「父親にそんな遊びみたいな仕事やめとけって言われたんです。」

僕「・・・」

何も言い返せませんでした。

ショックだったし、悔しかったし、情けなかったし、憤りを覚えました。

ただ・・・

何も言い返せませんでした。

そうかも知れない。と思う気持ちがどこか心の奥底にあったのかも知れません。

それが何より最もショックでした。

僕は美容師はとても素晴らしい仕事だと思っています。

でも実際の所この業界は個人店が多く、いまだに古い経営モデルが多く存在します。

  • 休みが少ない。
  • 労働時間が長い。
  • 社会保険など福利厚生がない。
  • 年収が低い。

こんなんで、もし自分の子が美容師になりたい。と言い出したら背中を押してあげられますか?

この出来事を機に、僕は経営者としてひとつの決意が生まれます。

 

美容師の価値を上げたい。そのために一般企業に劣らない会社を作りたい。

 

それから試行錯誤の連続です。

今でもどんどんアップデートしています。

他がやっていたり、すでにあるシステムは真似るのは簡単です。

ですが僕がやっていることは、前例もなく、道もないので開拓する所からやっているのです。

全ては未来の美容業界のために。

そして美容師であるために。

 

 

airではもう一人、新しい仲間を待っています!

私たちと一緒に未来の美容業界を作っていきませんか?

「気になってる」とか「ちょっとお話聞かせて」とかありましたら、下のLINE@からメッセージください。

良かったら一緒にお茶でも飲みましょう!

https://line.me/R/ti/p/%40tws5892q

ad1

ad1

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

西川 征和(YUKIKAZU NISHIKAWA)

LOVE&PEACE co.inc代表取締役 サロンワークの傍ら鳥取市で美容室(air,DIVA,"h")とマツエクサロン(Lilou)を経営。 美容師になって良かった!と心から思える会社を目指して日々試行錯誤中。

おすすめ記事

1

さて、僕は今年42歳。 人生の折り返し地点を迎えました。 この42年。一度死んだりもしましたが、今はピンピンしています。笑 19でこの世界に飛び込んだわけですから人生の半分以上を美容師として過ごしてき ...

2

決算だったり、青年会議所の事業が佳境に入ったりと最近ブログから遠ざかり気味です・・・ さて 先日”h”が東京ガールズコレクションのお手伝いに行ってました。記事 絶対いい経験になったと思うし、とても良い ...

3

僕が美容室経営者になって間もない頃、ある大学生の男の子に 「僕も美容師になりたかったんです。」 と言われました。 「どうしてならなかったの?」 そう尋ねると彼はこう言いました。 大学生「父親にそんな遊 ...

no image 4

実るほど頭を垂れる稲穂かな 美容師は幸せな職業だと思います。 だって、前回良かった!気に入った!というお客様しか来ないんですから・・・(嫌だった。っていうお客様はすでに他店に行っています。) でも、こ ...

5

美容室 月曜定休 理由 ま、そんなキーワードで検索される方がいるかどうかはわかりませんが、たまに訊かれます。 「どうして美容室は月曜定休が多いんですか?」と。 ちなみに当店は月曜定休にしています。 ( ...

-BLOG

Copyright© NISHIKAWA BLOG , 2020 All Rights Reserved.